※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
TERA :The Exiled Realm of Arborea公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:211
レビューを投稿する
海外での評価
78
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/01/15 00:00

プレイレポート

韓国ではOBTの始まった「TERA」,そのグラフィックスの負荷はどれほどのものだろうか?

 韓国では1月11日より,ついにオープンβテストが開始された「TERA The Exiled Realm of Arborea
」。すでにかなり多くのプレイヤーがプレイしており,大いに盛況となっているようだ。
 本記事ではゲーム内容については置いておいて,TERAのグラフィックス設定に注目してみたい。TERAは,グラフィックスの綺麗さではそれなりに定評のあるUnreal Engine 3を使って作られている。一般的なオンラインゲームよりは重そうなので,どれくらいの画質でどの程度重いのかなどは,気になっている人もいるだろう。
 韓国オープンβテストバージョンでのTERAクライアントには画質設定が6段階用意されていた。ここでは,それぞれどのような画面になるのかを簡単に紹介してみよう。
 グラフィックスの詳細度は,単純にどこが変わると言えるようなものではなく,テクスチャの精細度が切り替えられる距離が変わったりといった微妙なもので,シーンごとに確認できる内容も違っている。ここでは,2種類のシーンでグラフィックスの画質設定を変化させてみた。便宜上,画質設定の低いほうから画質0〜5と名づけている。

 では,具体的にどれくらい画質が変わるのかをじっくり見ていこう。

シーン1


画質0

TERA The Exiled Realm of Arborea

 最悪でもこの程度の画質。たぬきさんの背中はきちんとノーマルマップされているようにも見え,水面もそれなりにリアル。

画質1

TERA The Exiled Realm of Arborea

 いきなり風景が変わったかのような様変わり。空気遠近法が適用されていると見るのがよいのか,空の背景がHDR光源として扱われていると見るのがよいのか迷うところ。水面のテカりも,いわゆるHDR風味だ。
 近景を見ると,テクスチャ解像度が上がっていることも分かる。背景オブジェクトはアンチエイリアス処理がされているように見えるのだが,近景はなぜかジャギ(段差)が目立つ処理になっている。

画質2

TERA The Exiled Realm of Arborea

 都市の形状がかなり変わっている。単にLoD(Level of Detail)の詳細度を一つ上げたというレベルではない。画質設定でオブジェクトを丸ごと詳細モデルに差し替えているようだ。
 そのほかでも,あちこちに木が生えたり,岩が出てきたりとオブジェクトレベルで変わっている。水面を含め,近景での変化はほとんど確認できない。

画質3

TERA The Exiled Realm of Arborea

 さらに詳細なオブジェクトが増えている。近景を見ると,テクスチャがさらに高精度になっていることが分かる。キャラクターの形をした影が落ちるようになったことにも注目したい。

画質4

TERA The Exiled Realm of Arborea

 画質3とほとんど変わらないのだが,向こう岸に草が生えてきた。

画質5

TERA The Exiled Realm of Arborea

 向こう岸にさらに草が生えてきた。具体的な効果の違いは明確ではないが,水面のシェーダが変更されていることも分かる。




シーン2


画質0

TERA The Exiled Realm of Arborea

 基本形。かなり単純な描画しか行われていない。

画質1

TERA The Exiled Realm of Arborea

 ライティングが追加されたことがはっきり分かる。背景テクスチャにもライトの焼き込みが行われたのか,単純な明暗ではなく微妙な陰影が出てきた。

画質2

TERA The Exiled Realm of Arborea

 シーン1では画質1から描画されていた空の雲が,シーン2では画質2から描画される。ちょっと背景が遠く設定されているのだろうか。
 正確に形状を反映したものではないが,キャラクターに影もつくようになった。近景テクスチャの詳細度も上がっていることが分かる。
 

画質3

TERA The Exiled Realm of Arborea

 キャラクターの影の詳細度が上がって,ちゃんとキャラクターの形になっている。が,よく見ると,表示されているモデルそのものの形の影というわけではなく,影用にローポリモデルが使われていることが分かる。テクスチャの精度も一段上がっている。
 

画質4

TERA The Exiled Realm of Arborea

 画質3とほとんど変わらないのだが,奥の右の塔あたりを見ると,微妙にディテールアップし,オブジェクトが追加されていることが分かる。

画質5

TERA The Exiled Realm of Arborea

 影の詳細度が上がっている。今度はきちんとモデリングデータと同じ形の影が落ちるようになったようだ。奥の右の塔あたりでは,さらにオブジェクトが追加されている。


 なお,プレイしているPCのグラフィックスカードは「ATI Radeon HD 5850」搭載のもので,最高画質にしても40fps程度はキープできている。CPUは「Core i5-750/2.66GHz」。オンラインゲームなので,テスト条件を揃えることが事実上不可能なため,かなりざっくりした紹介になってしまうが,この環境で,人が多めなところで視点を引いて最大限に人を多く出した場合,

  画質0: 80fps
  画質1: 80fps
  画質2: 70〜75fps
  画質3: 60fps
  画質4: 48〜50fps
  画質5: 40〜42fps
  
といった感じだ(1920×1200ドット時)。
 最高画質で40fps程度なら,MMORPGとしては必要十分な性能といっていいだろう。アクション性が高くなっているとはいえ,敵のモーションを見て,数フレームで反応しなければならないほどシビアとも思えない。フレームレートが80fpsくらいで打ち止めになっている感もあるので,ATI Radeon HD 5850あたりは,バランスのよい選択肢といえそうだ。
 とはいえ,ATI Radeon HD 5850も,そこそこのハイエンドGPUなので,逆に不安になった人もいるかもしれない。ここまで確認した限りでは,画質4以上にしても,さほど大きく変化するという感じではないので,グラフィックスカードによっては,画質3くらいの適用を目安にしておくのもよいだろう。一応,韓国OBTでは,「GeForce GTS 250」あるいは「ATI Radeon HD 4850」以上であれば快適にプレイできるとしている。
 
 あまり参考にならないかもしれないが,ロースペック環境で試した例として,グラフィックス機能統合型チップセットである「AMD 785G」(=ATI Radeon HD 4200)での計測値を挙げてみよう。ただし,今度は閑散とした村の中での測定となる。

  画質0: 21fps
  画質1: 14fps
  画質2: 7fps
  画質3: 7fps
  画質4: 7fps
  画質5: 7fps

 画質3以上は正確に描画されているのかどうかも怪しい感じだが,とにかくエントリークラスのGPUでは,画質0なら動かなくはないものの,やめておいたほうが無難といえそうだ。

 日本サービスでの情報もかなり出始めて,期待の高まるTERA。今回の情報はあくまで韓国OBTバージョンのものだが,PC環境に不安のある人は参考にしてみてほしい。

「TERA The Exiled Realm of Arborea」公式サイト

  • 関連タイトル:

    TERA :The Exiled Realm of Arborea

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2017/09/13)
TERA プレミアムパッケージ
発売日:
価格:
amazonで買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日